×

CATEGORY

HOME»  「房の黄金米」とは

「房の黄金米」とは

房の黄金米

自然に根ざした稲づくり

自然に根ざした稲づくり
 

私たちの敷地を訪れた方は、一帯に草が生い茂る水田の様子に驚くかもしれません。
“自然の力で、自然のままに”をモットーとする米のたけやまでは、水田の除草も最低限のみ。切磋琢磨するいのちの営みのなかでこそ、お米本来の美味しさが引き出されると考えるからです。
均平に整えられた水田からは、生育ムラがなく健康な稲が育ちます。水が循環するため、稲が雑草の影響を受けることもありません。
また、自社圃場で管理する稲は、作付け移行完全無農薬で育成しています。
こうした取り組みが、安心・安全なお米づくりの基礎を支えています。

ひと手間にこだわる精米

ひと手間にこだわる精米
 

お米づくりにおいて、私たちがとりわけ重んじるのが精米作業。
米のたけやまでは、表面の研磨や選別作業を二度ずつ行うことで、より品質に優れた米の生産を追及しています。一回ごとの精米量は減りますが、確かな品質を安定的に届けるためには、このひと手間が欠かせません。
また、精米中に生じる微量な摩擦熱は、品質低下の原因のひとつ。
私たちの工場では、低温環境で精米を行うことで摩擦熱の発生を抑えています。その際も極力外気に触れずに精米するため、お米が酸化せず高い鮮度を保ったまま保管の工程に進むことができます。

鮮度を逃さず、旨みをとじこめる

鮮度を逃さず、旨みをとじこめる
 

お米の鮮度を司る、保管工程。
私たちのもとで生産されるすべてのお米は、精米後24時間以内に隣接の専用保管庫へ運ばれ、徹底した温度管理のなかで出荷のときを待ちます。わずかな鮮度も逃さないスピード感は、一貫生産だからこそ可能になります。この迅速さが、お米の揺るぎない品質を支えています。
庫内は遮熱性が高く外気の影響を受けないため、乾燥により粒が割れたり身が痩せることもありません。
お米にとって最適な環境に整えられたこれらの保管設備により、最大で約一年間、旨味と鮮度をしっかりと蓄えた状態でお米を保存することができます。

房の黄金米

CONTENTS

CATEGORY